光脱毛

SSC脱毛とは?効果や痛み、仕組みなど【メリット・デメリットを徹底解説!】

【監修】元エステティシャン 村上 沙紀さん のプロフィール

脱毛・痩身のエステティシャンとして4年ほど実務。

基礎知識はもちろん、脱毛を早く終わらせるなどもお客様にアドバイスしてきました。

  ・AEA日本エステティック業協会、上級認定エステティシャン
  ・日本エステティック協会、認定エステティシャン
  ・JNAジェルネイル技能検定初級
  ・JNAネイル技能検定3級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、アロマ検定1級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、環境カオリスタ、認定
  ・色彩検定協会、色彩コーディネーター2級

  icon-chevron-circle-right 日本エステティック業協会の詳細はこちら
icon-chevron-circle-right 日本エステティック協会の詳細はこちら

みなさんは「夏に向けてムダ毛のないキレイな肌になりたい」「せめて自己処理の回数が減るくらいムダ毛が薄くなってほしい」と思ってはいませんか。

毎日の自己処理は本当に大変ですよね。ムダ毛を無くしたい人の中には、光脱毛を考える人も多いのではないでしょうか。
光脱毛について調べていると「SSC脱毛」という言葉が出てくると思います。

今回は、SSC脱毛ってなに?光脱毛とは違うの?という疑問を持つ方に向けて、SSC脱毛の仕組みや効果、メリット・デメリットについて解説します。

光脱毛の種類

主な光脱毛の方法は以下の4つです。光脱毛は単発式脱毛と蓄熱式脱毛に分けられます。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)
IPL脱毛(単発式脱毛)
SSC脱毛(単発式脱毛)
ハイパースキン脱毛(蓄熱式脱毛)

脱毛サロンごとに取り扱っている機械の種類が異なるので、自分に合った脱毛方法を選ぶ必要があります。

光脱毛の特徴や効果・仕組みなど【メリット・デメリットを徹底解説!】一般的にエステサロン・脱毛サロンで施術が受けられる「光脱毛(フラッシュ脱毛)」は、どんな脱毛かご存知ですか?光脱毛の種類や仕組み、メリットなどを解説します。これさえ知っておけば光脱毛でキレイ肌を目指せます!...

今回は、SSC脱毛について詳しく説明します。

S.S.C脱毛とは

SSC脱毛とは、光脱毛の1種で、主にエステサロン家庭用脱毛器で施術できます。

SSC脱毛は肌に抑毛効果のあるビーンズ入りのジェルを塗り、その上からリプトンライトと呼ばれる光を当てます。

光によってジェルの中のカプセルが弾けて毛穴へ抑毛の成分が広がり、ムダ毛が生えるのを抑えることが可能です。

SSC脱毛のメリット

SSC脱毛には主に4つのメリットがあります。

SSC脱毛のメリット
  1. 痛みが少ない
  2. 美肌効果
  3. 毛周期に関係なく通える
  4. 産毛にも効果がある

ここではSSC脱毛のメリットをそれぞれ説明しますね。

①痛みが少ない

光を肌へ照射するときの痛みが比較的少ないことがSSC脱毛のメリットです。

肌のデリケートな人だとIPL脱毛の処理による痛みに耐えられなかったり、肌が赤くなってしまう人もいます。

SSC脱毛ではジェルの成分が光を当てられることで肌に浸透するため、IPL脱毛よりも弱い光で脱毛効果を感じることが可能です。

痛みを感じやすいと脱毛サロンに通うのが億劫になるため、痛みが少ない点はSSC脱毛のメリットだといえます。

②美肌効果

SSC脱毛には美肌効果も期待できます。

SSC脱毛では、光を当てる箇所にビーンズ入りのジェルを塗りますが、ジェルはフォトフェイシャルに使用されるものと同じ成分なので、美肌効果と抑毛効果がある成分が含まれています。

美肌効果には肌の黒ずみが薄くなったり、きめ細やかになったり、保湿効果もあります。

SSC脱毛は抑毛効果だけでなく肌も綺麗になるのが大きなメリットの一つですよね。

③毛周期に関係なく通える

SSC脱毛は毛周期に関係なく脱毛サロンに通うことができます。

IPL脱毛などの光脱毛では毛周期に合わせて脱毛サロンへ通わなければなりません。

脱毛の毛周期とは?施術間隔をあける適切な期間と仕組みについて一定の間隔を空けて脱毛に通う必要があるのはなぜ?毛の構造や成長を刺激するもの、体の部位によって異なる毛の成長スピードなど、毛が生える仕組みや毛周期を知ることでムダ毛を効率的に処理できるようになります!...

SSC脱毛は2週間に1回~1ヶ月に1回施術を行うことができ、短期間で脱毛が完了できます。

④産毛にも効果がある

SSC脱毛のメリットは産毛にも効果があることです。

SSC脱毛はメラニンの量に関係がないため、IPL脱毛では得られなかった薄い毛や、色素のない産毛への脱毛効果が感じられやすいです。

SSC脱毛のデメリット

SSC脱毛には多くのメリットがありますが、

SSC脱毛のデメリット
  1. 日焼け・地黒の人は施術できない場合もある
  2. 効果を実感しにくい
  3. ジェルが冷たい

というデメリットもあります。

①日焼け・地黒の人は施術できない場合もある

SSC脱毛では日焼けで赤みのある肌や、地黒の人は施術できない場合もあります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
SSC脱毛はIPL脱毛ほど強い光を当てるわけではありませんが、皮膚に含まれているメラニンにも光は反応します。

肌の色の程度にもよりますが、脱毛サロンによっては施術を受け付けて貰えないこともありますので、要注意です。

②効果を実感しにくい

SSC脱毛は他の脱毛方法と比べて効果を実感しにくいことが特徴です。

SSC脱毛だと個人差はありますが、最低でも12~18回ほど施術を受けないと、実感できないかもしれません。

しかし、自己処理を少し楽にしたい方や肌に優しく脱毛したい人におすすめです。

③ジェルが冷たい

SSC脱毛は光を当てる前に肌にジェルを塗ります。

このジェルが冷たいため、体が冷えやすい人はSSC脱毛の施術が辛くなる可能性があります。

脱毛サロン側も身体が冷えないように気を使って部屋を暖めたり、暖かくなるマットを用意してくれたりしますが、冬場は特に大変かもしれません。

しかし、このジェル自体に抑毛効果がありますので、我慢できる方にはオススメです!

SSC脱毛の費用は高いの?

SSC脱毛はニードル脱毛や医療レーザー脱毛と比べて、費用が安いです。
ニードル脱毛や医療レーザー脱毛は1回の威力が強いので、効果は大きいのですが、その分かかる金額も高くなります。

SSC脱毛は回数がかかりますが、何度も施術を受ければ毛を薄くすることが可能です。
そのためには、人にもよりますが最低でも12~18回は脱毛サロンに通うことが必要です。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
それでも、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛よりは安く済ませることができます。SSC脱毛は脱毛費用を抑えて、なるべく自己処理をしなくても大丈夫な状態になりたい人におすすめです。

SSC脱毛は肌がデリケートな人におすすめ

ここまでSSC脱毛の仕組みとメリット、デメリットを紹介しました。
SSC脱毛はIPL脱毛などと比べて肌に優しいのが特徴です。

そのため、

  • 今まで違う脱毛方法で肌が荒れてしまった人
  • 脱毛の痛みに耐えられなかった人
  • 肌がデリケートな人

に向いている脱毛方法です。

みなさんもSSC脱毛で施術を受けて、肌への負担を軽くしてキレイな肌を手に入れましょう。

ABOUT ME
Erika
MOTEHADAの編集長。自称「美容マニア」。数年前までは美容に興味なかったが体験でエステサロンにいくとドハマり!今ではエステなしでの人生はありえないまでに!みなさんにおすすめの脱毛サロンを紹介します。