脱毛の基礎知識

脱毛前のシェービング方法を解説!剃り残しや自己処理を忘れた場合はどうなる?

いきなりですが!みなさんは脱毛サロンへ行く準備してますか?

脱毛サロンへ行く前は、脱毛する部位のムダ毛を必ずシェービングしなければなりません

しかし、「どうやって処理するの?」「そもそもなんでシェービングしないといけないの?」と疑問に思いますよね。

\イチオシのケアアイテム!/
ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット
チクチクするデリケートゾーンのケアはこれで決まり!

そこで今回は、脱毛する前のシェービングについて徹底解説します!

この記事を読めば脱毛サロンで「事前のシェービングが不十分なので脱毛できません」と言われることはありませんよ!

では早速見てみましょう!!

シェービングとは?

”シェービング”と聞いて「何となく意味はわかるけど詳しくはわからない」と思う方もいると思います。

シェービングとは、顔や身体のムダ毛を剃ることです。剃る道具としてはカミソリや電気シェーバーがありますね。

特に”お顔そり”と呼ばれる顔のシェービングは

・顔のトーンが明るくなる
・化粧水やメイクのノリが良くなる

といったメリットがあります。

今回の場合のシェービングは脱毛に必要な前処理という意味で説明していきますよ!

脱毛前にシェービングが必要な理由

シェービングのことはわかりましたが、「なぜ脱毛サロンに行く前にシェービングが必要なの?」と思いますよね。

サロンによって異なりますが、大体のサロンでカウンセリングの時に、スタッフさんから「事前にシェービングをお願いします」と言われます。

脱毛前にシェービングが必要な理由は以下の2つです。

脱毛前にシェービングが必要な2つの理由

1. 脱毛効果をより高めるため!
2. 肌トラブルを防ぐため!

それでは詳しくみていきましょう!

1.脱毛効果をより高めるため!

脱毛サロンでもっとも施術に使用される光脱毛機器の場合、毛の黒い色素であるメラニンに光が反応して、毛根にダメージを与えて毛を生やす組織の活動を停止させます。

そのため、シェービングがしっかり行われていないと、肌の外に出ている毛の部分に光が奪われ、光の量が足りずしっかり効果がでません。

せっかく効果が十分に出るタイミングで光を当てても、効果が半減してしまいます。
「出力を上げればいいのでは?」とよく言われますが、そうすると肌表面へのダメージが大きくなったり、体内にこもる熱の量が多すぎて体調や肌の調子が悪くなってしまう人もいます。

光の強さは強ければ強いほどいい!というものではないので、効率良く脱毛をすることが大切です。

2.肌トラブルを防ぐため!

光脱毛は黒い色素に反応して効果が出ます。
シェービングをせずに施術を受けると長い毛すべてに光が反応し、熱を持ち、その熱が肌表面へ大きな負担をかけて火傷になる恐れがあるのです。

肌へのダメージを最小限にするために、脱毛サロンに行く前にシェービングすることが必要となっています。

剃り残しが多いと、痛みも出やすくなります。

安全に、綺麗に毛を無くすためにはきっちり事前シェービングをすることが大切です。

脱毛前に行う正しいシェービング方法

脱毛前になぜシェービングが必要なのかわかりましたね。

それでは、次は自己処理するときの正しい方法を解説します。

毛流れに沿って剃る

自己処理をするときは、毛の流れに沿ってシェービングしましょう。流れに逆らって剃る方が綺麗に剃れますが、肌の角質なども一緒に剃ってしまう危険性があります

脱毛サロンで施術する前は、皮膚へ余計な負担かけないことが大切です。

毛の流れに沿って剃らなかった場合、深剃りになってしまい、せっかくの脱毛の効果が薄れてしまいます。そのため、毛流れに沿ってシェービングを行うことが重要です

特にVラインやIラインは、肌が柔らかい為、他の箇所よりも深剃りになりやすいパーツです。

深剃りになってしまうと、毛の断面の一部が皮膚に隠れてしまい、十分な量の光を受け取れません。

Vラインは毛流れに沿って剃ることが難しいので、その場合は横から、1本1本ゆっくり優しく剃りましょう。

背中など、手が届かないところは人の手を借りる

自分で剃れない背中やOラインはどうやって処理するの?」と思いますよね。確かに、自分で背中も剃ろうとすると大変です。

手の届かない箇所は特に、安全性の高い電気シェーバーでの処理をオススメします。
電気カミソリとは別物なので、間違えないようにご注意ください!

\イチオシのケアアイテム!/
ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット
チクチクするデリケートゾーンのケアはこれで決まり!

それでも、見えていない部分や手の届かない部位は無理して処理すると、肌に傷がついたり、余計な力を入れて剃ってしまい、皮膚の角質を削ってしまう可能性があるので人の手を借りることをオススメします

家族や友人、彼氏などの手を借りて安全にシェービングを行いましょう。

背中は毛の量が多いので、剃った毛が散らばってしまい、剃った部分がどこか分かり辛く何度も同じ場所をガリガリしてしまうことになってしまいます。

利き手にシェーバー、反対の手に丸めたガムテープなどを持ち、剃った部分をペタペタしながら剃ってもらいましょう。

また背中の肩甲骨周りは凹凸が大きいので、特に気をつけて処理してください。

身近な人に手伝ってもらうにしても、Oラインなどのデリケートゾーンだとなかなか抵抗があるかと思います。

その場合は、鏡の前でしゃがんだり、床に鏡を置いてしゃがむんで確認をしながら処理すると剃りやすいのでオススメです。

最終手段として脱毛サロンのスタッフさんにお願いする方法があります。

手の届かない箇所は無料でシェービングをしてもらえるサロンと、別料金がかかるサロンなど様々なので、事前に確認をしましょう。

別料金の場合は、1回1000円(税別)が相場です。

一番安全・安心な方法だと思いますので自宅で処理するのが難しいと思った場合はプロに任せましょう

剃り残しがないようにする

毎回きっちり剃って脱毛をする場合と、毎回剃り残しが多い人だと、脱毛完了までの回数が倍近く変わることもあります。

お風呂場で毛を剃るという人が多いのですが、お風呂場の照明では剃り残しがあるかどうか分かり辛いですよね。

少ない回数で満足するためにも、剃り残しがないか、明るい照明の下で確認してみてくださいね。

またあっちこっち剃ると剃り残しが多くなってしまうので、きっちり剃りたい人は、黄色の蛍光ペンで身体に線を引き、ブロック分けすると剃り残しが少なくなります。

蛍光ペンはボディソープで落ちるので安心してください。

\イチオシのケアアイテム!/
ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット
チクチクするデリケートゾーンのケアはこれで決まり!

自己処理でのシェービングの注意点

よし!これでシェービングできる!」と思った方!

ちょっと待ってください!!

正しい方法でシェービングをすれば良いというわけではありません!

脱毛をする前に自分でシェービングをする場合の注意点が4つありますので、ちゃんと抑えていきましょう!

icon-exclamation-triangle カミソリや毛抜きは使わない
icon-exclamation-triangle シェービング後は保湿する
icon-exclamation-triangle 脱毛サロンへ行く当日にシェービングしない
icon-exclamation-triangle 毛の長さは1ミリ以下にする

この注意点を守らないと、シェービング後に肌が乾燥したり、毛穴に雑菌が入って赤く痒くなったりする原因となります。

それでは詳しく説明していきます。

カミソリや毛抜きは使わない

 
脱毛サロンに行く前に自己処理をする場合、カミソリではシェービングしてはいけません

カミソリ以外で除毛!?」と思うかもしれませんが、電気シェーバーでの除毛をオススメします。

特に「フェイス用」として販売されているものは、肌への刺激が少ない為、全身を剃る時もオススメです。

カミソリは電気シェーバーと比べて皮膚に直接触れて毛を剃るので、そのときに肌の角質も一緒に剥がれてしまいます。例えると、肌のバリア機能が弱った状態になるということです。

肌へのダメージを避けるためにも、自己処理をするときはカミソリでなく、肌に直接触れない電気シェーバーを使ってシェービングしましょう

シェーバーは、スティックタイプの、刃渡りがまっすぐで2cm以上あるものがオススメです。

注意していただきたいのは、使ってはいけないシェーバーがあるということです。

それは、「毛を引っ張って切る」タイプのものです。
深剃りになってしまうので、脱毛効果が薄くなってしまいます。

また、毛抜きは毛穴へのダメージが大きく、脱毛に必要な毛根を抜いてしまうため、脱毛効果も得られなくなってしまうので絶対にやめましょう

\イチオシのケアアイテム!/
ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット
チクチクするデリケートゾーンのケアはこれで決まり!

シェービング後は保湿する

シェービングを行った後には化粧水や乳液で保湿することが重要です。カミソリでなく電気シェーバーでシェービングをしたとしても、肌への負担はゼロではありません

シェービング後はしっかりと保湿をすることで、肌のバリア機能を高めることが必要です。

剃った部分は、デリケートゾーンも含めて、全て保湿しましょう。

化粧水を塗り、1分ほど待ち、もう一回化粧水を塗ってから乳液やクリームを塗ります。
この方法は普段のお顔のお手入れの時にもぜひ試してみてくださいね。

脱毛サロンに行く当日にシェービングしない

脱毛サロンで施術を受ける当日にシェービングすることもおすすめできません。脱毛サロンでの施術は必ず肌に負担がかかります。

そのため、できれば2日前、少なくとも前日までにシェービングを済ませることが大切です

毛の長さは0.02~0.05㎜程度にする

先程”2日前~前日にシェービングを済ませる”と言いましたが、人によって1日で伸びる毛の長さは違います。

当日までに剃った毛が伸びて「剃り残し」と判定されてしまい、当日に施術が受けられない可能性もあります。

毛の長さは0.02~0.05㎜程度(エステティシャン推奨の長さ)がベストです!最低でも1㎜以下にしていく必要があります。

自分でチェックしながら前日までに処理をしましょう。

剃り残しがあった場合は?

では実際に自宅でのシェービングで剃り残しがあった場合はどうなるのでしょうか?

パターンとしては以下の3パターンがあります。

①剃り残しがある部分だけ施術しない
②料金を支払ってシェービングしてもらう
③無料でシェービングしてもらう

剃り残しがあった場合、その部分だけ施術しないというサロンもあります。また忘れてしまった場合は脱毛を断られる、といったこともあるため、剃り残しや剃り忘れがないようにしましょう

またサロンによって、脱毛サロンでシェービングをしてもらえる店舗もあります。脱毛サロンでシェービングしてもらえるのは一番安心ですが、通うサロンによってシステムが異なるので注意が必要です

しかし、シェービングが有料で別料金が取られるサロン、無料のサロンもあれば、全くシェービングに対応していないサロンなど、その形態はさまざま。

そのため、自分が通う脱毛サロンがどのようなシステムか、最初にチェックしておくことが重要です。

ここもチェック!

MOTEHADA
MOTEHADA
https://motehada.co.jp/datsumo-norikae/

オススメのシェーバー3選!

シェービングの方法と注意点、剃り残しがあったらどうなるかを説明していきました。

これで事前シェービングは安心!と思ったけど、「まずはシェーバーを買わないと!」という人も多いのではないでしょうか?

実際に、どのような製品があるのか、なぜオススメなのかポイントも含めて紹介するので、

どのシェーバーが良いかわからない!」とシェーバー選びに困っている方はぜひ参考にしてください!

LCラブコスメ Iラインシェーバー

Iライン
Iラインシェーバー&ジャムウ・ハーバルソープ
価格:¥6,150(税込)

  • Iラインに特化したシェーバーだから安心!
  • USBで充電できるから電池交換が必要ない!
  • 植物由来成分で作られたハンドメイド石鹸付き!単品購入よりも243円お得
Iラインのシェービングにオススメ!

LC公式サイトはこちら! icon-chevron-circle-right 

脱毛ラボ FIVE SHAVE(ファイブシェイブ)

FIVE SHAVE(ファイブシェイブ)

ファイブ・シェイブ
価格:¥832/月(税抜)

  • 脱毛サロンレベルの除毛が自宅でできる!
  • 広範囲の除毛がわずか5分とあっという間に!
  • 剃った毛は吸引するので掃除の必要がない!
全身のシェービングにオススメ!

イーラボ公式サイトはこちら! icon-chevron-circle-right 

Panasonic レディースシェーバー

Panasonic レディースシェーバー
価格:¥3,590(税込)

  • 刃先が丸まっていて、肌を傷つけにくい構造なので肌にやさしい!
  • 石鹸やクリームなしのドライシェーブができ、ボディ専用刃なので太い毛もラクラク♪
  • 単4形アルカリ乾電池×1本の電池式で約20gと軽い!
顔のシェービングにオススメ!

Amason購入ページはこちら! icon-chevron-circle-right 

まとめ

ここまで脱毛サロンに行く前のシェービングを解説しました。

脱毛前のシェービングで脱毛をどれだけ効果的に、スピーディーにできるか変わってきます

憧れのツルツル肌を早くゲットするためにも事前のシェービングは剃り残しのないように丁寧にしましょう!!

また肌に優しいシェービングをするためには電気シェーバーでの除毛がオススメです。

製品によって性能はそれぞれ違いますので、購入前にしっかりと確認しましょう。

ここもチェック!

MOTEHADA
MOTEHADA
https://motehada.co.jp/datsumo-norikae/
ABOUT ME
さおりーぬ
さおりーぬ
脱毛する前は剛毛で悩まされていたが、脱毛することに楽しさを覚え、今では色々な脱毛方法で全身脱毛をしている。特に新しいサロンの体験に行くことや新発売の除毛クリームで脱毛することが楽しいんだとか…。