化粧・メイク

メイク崩れ防止対策!1日中崩れないメイク術7選!

「朝きれいにメイクしても夕方にはヨレヨレ」
「皮脂や汗ですぐメイクが崩れる」
「崩れないメイクってあるの?」

メイクをする人にとって悩みの一つでもある「メイク崩れ」。せっかく朝からばっちりメイクをしても次に鏡を見たときには崩れてる!!なんて事ありますよね。そんなメイクヨレ、メイク崩れにお悩みの方必見!1日中崩れ知らずのメイクが続くとっておきのスキンケア&メイク術をご紹介します。

そもそもメイク崩れの原因って?

メイクが崩れてしまう主な原因は汗・皮脂・乾燥の3つが考えられます。

外出時の移動や通勤で汗や皮脂が分泌、室内に入るとエアコンなどの風によりお肌が乾燥・・とメイクヨレの原因は日常の環境の中にもあるんです。

汗でメイクが崩れる理由は?

汗をかくと毛穴から出た汗が塗っている下地やファンデーションを浮かせ、混じり合いドロドロになってしまいます。夏は特に汗をかきやすいですし、紫外線対策のために下地をたくさん塗っていることも多いので夏場のメイクヨレが気になる人が多いようです。

皮脂でメイクが崩れる理由は?

メイク用品に含まれる油分とお肌から分泌した皮脂が混ざってメイクを浮かせて落ちやすくしてしまいます。

メイクをしてしばらくすると鼻の頭やオデコに「テカリ」が出る人は皮脂の分泌が多い方ですね。皮脂の分泌が必要以上にあるとメイク崩れもしやすくなってしまいます。テカっている部分を指で触るとメイクの膜が剥がれ落ちた!!なんて経験ありませんか?もうその時点でメイク用品の油分と皮脂が混ざり合い、メイクが落ちやすくなっているんです。

乾燥でメイクが崩れる理由は?

お肌は乾燥すると肌を守るために「皮脂」を分泌します。そのため上記で紹介した皮脂によるメイクヨレが起こります。また乾燥のしすぎでそもそもファンデーションのノリが悪いなどコンディションの問題もあります。

メイク崩れ対策が出来るメイク術を紹介!

メイク崩れの主な原因が分かった所で早速メイク崩れを予防、対策するためのメイク術をご紹介していきたいと思います。明日から実践できるものもありますので是非、参考にしてください。

朝の洗顔を見直す

メイク崩れをしないお肌にするためのファーストステップは朝の洗顔方法から!

朝は寝ている間に分泌した皮脂やホコリなどの汚れがついています。その汚れがついたままメイクをしてしまうともちろんお肌にも悪いですし、メイク崩れの原因にも。

そこで大切なのが朝の洗顔ですがこの洗顔時もゴシゴシこすってしまったり、乾燥肌の人が洗浄力の強い洗顔フォームで洗ってしまうと乾燥を悪化させ、メイクヨレの原因となる「皮脂の過剰分泌」が起こります。

なので朝は適度なぬるま湯で優しく顔の汚れを落とす程度にしてみましょう。洗顔料を使う場合にはしっかり泡立てて手が直接触れないよう泡で洗うように心がけてみてくださいね。また洗顔料を使っても使わなくてもどちらでも大丈夫ですがお肌が脂っぽいなという日には洗顔料を使い、乾燥が気になる時期はぬるま湯だけにするという方もいました。自分のお肌の調子に合わせて朝の洗顔方法を変えるのがベストですね。

メイク前のスキンケアは保湿重視!

洗顔後のスキンケアで大切なのはとにかく保湿!ですがメイク前に乳液やクリームをべったりつけてしまうとそれもメイクヨレの原因となります。なのであまり乾燥が気にならない人は保湿力の高い化粧水だけにしたり、乳液やクリームを使いたい場合には乾燥が気になる部分にだけ塗って少しお肌に馴染ませる時間を作ってからメイクを始めると良いです。

クリームや乳液を塗ってすぐにメイクを始めるとまだお肌に馴染んでいない保湿剤がメイク用品の油分と混ざり合ってメイクヨレが起きますので注意!!

Tゾーンの毛穴を引き締める!!

おでこから鼻先にかけての皮脂腺が活発な部分、「Tゾーン」のメイク崩れが気になる方は毛穴をキュッと引き締める効果のある「収れん化粧水」を使ってみましょう。ただし収れん化粧水だけでは保湿力が不十分なので乾燥が気になる方は保湿効果の高い化粧水も一緒に使うというのがおすすめ。

この場合には先に保湿系の化粧水を顔全体に馴染ませてから皮脂分泌の気になるTゾーンにだけ収れん化粧水を塗りましょう。必要な水分は補いつつ、毛穴を引き締めてくれるでしょう。

スキンケアは時間をおいて浸透させてからメイク開始

上記でも少しだけ紹介したのですが化粧水や乳液の成分が肌表面に残ったままだと下地やファンデなどのノリが悪い事が多いです。お肌から弾いてしまうような感じ・・ですね。

なのでスキンケアをした後は化粧水や乳液がしっかりお肌に浸透してから下地やファンデーションなどベースメイクを始めましょう。手の平で優しくお肌を押しながら化粧水を浸透させてあげると良いですね。

メイク下地を薄くする

顔全体のメイクヨレが気になる!という方は下地の塗り方や量に注意しましょう。

ファンデを美しく仕上げるためにも化粧下地は、薄く均一に塗ることが大切です。顔全体に滴量を5点置き(額・鼻・顎・両頬)して、内側から外側に薄く丁寧に伸ばしましょう。肌の表面はデコボコしているので、毛穴を埋めていくように”ポンポン”と指先で叩き込むのもOK!大切なのは、厚みが均等になるように丁寧に塗ること!厚塗りするとメイク崩れを助長するので注意しましょう。

また化粧水と同じように、下地もTゾーンのみ部分用下地を使い分けるのもおすすめ!「皮脂吸着効果」がある下地を小鼻を中心に使えば、崩れの原因である皮脂を抑えてくれるでしょう。この場合も、Tゾーン以外は保湿系の下地を使うようにしましょう!Tゾーン以外は乾燥を防ぐことを忘れずに。

ファンデーションの厚塗りに注意!!

ファンデーションも化粧下地と同じく、ポンポン叩き込むようにしていくとムラなく仕上がります。特に皮膚が薄くてよく動く、目元や口元はヨレやすいのでスポンジに残ったファンデーションをつけるくらいで大丈夫!メイクが崩れないようにと思い厚塗りしてしまうと、かえって化粧崩れの原因になってしまうので、ファンデーションは薄塗りをおすすめします。

また、リキッドファンデーションをお使いの方は、仕上げにフェイスパウダーでリキッドを固定することを忘れずに!フェイスパウダーは余分な皮脂を吸着してくれるので、サラサラ感が持続しメイクも崩れにくくなります。

メイク崩れ防止スプレーがおすすめ!

メイクが全て終わったら、最後にメイク崩れ防止スプレーをつかってみましょう!メイク崩れ防止スプレーは汗や皮脂を押さえてくれるので、メイクしたてのサラサラ感を持続できるだけでなく、メイクの持ちを格段に良くしてくれる優れもの!

顔から20cmほど離して(目を閉じた状態)全体にシュッと一吹きすれば、朝のキレイなメイクを維持してくれます。またメイク崩れ防止スプレーには、保湿成分が配合されているタイプもあるので、潤いをキープしながらメイク崩れも防ぐことができちゃうんです。

おすすめのメイク崩れ防止スプレー

メイク崩れ防止におすすめのメイクキープスプレーをご紹介します。SNSなどでバズっているものをピックアップしてみました。

コーセー/メイクキープミスト

80ml/1,200円

メイクの仕上げに吹きかけるタイプなのですがこのアイテムがSNSで大バズり!!コスメアカウントなどで多く紹介されていたので購入する人が続出。メイクコート成分がファンデーションやアイメイクもしっかり固定するので笑っても食べてもメイク崩れしにくくなると話題です。お値段もお手頃なので是非使ってみてくださいね。ドラッグストアでも購入できます。

楽天amazon

dプログラム/アレルバリアミスト

57ml/1,650円

資生堂のdプログラムから出ているメイクキープミストは敏感肌や乾燥肌の方から人気があるようです。パラベンやアルコールフリーでお肌への刺激もなく、メイクの仕上げ以外にもお肌が乾燥してるなと感じた時にシュっとする人も多いですね。

楽天amazon

エリクシール/エリクシール シュペリエル つや玉ミスト

80ml/1,980円

田中みな実さんが愛用していることで話題になったエリクシールの「つや玉ミスト」。メイクキープというよりはメイクの仕上がりにツヤを与えてくれるというアイテムなので乾燥肌の方におすすめ。乾燥が気になった時に吹きかける事でお肌に潤いを与え、長時間ツヤ肌が持続します。ミストも細かいのでお肌に浸透しやすいです。

楽天amazon

クラランス/フィックス メイクアップ

50ml/4,400円

見た目もかわいいクラランスのフィックスメイクアップはローズの香りで密着力の高いメイクキープミスト。メイクの仕上げにスプレーすると細かいミストがメイクをがっちり固定。夏に使うとテカリが気にならず、冬に使うと乾燥が気にならないという口コミがありました。お値段は少し高いですが効果はありますので是非。

楽天amazon

崩れないメイク術まとめ

今回はメイク崩れ防止術やメイクキープミストのおすすめアイテムなどをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ほとんどが明日から実践できるものなので是非、試してみてくださいね。またメイクキープミストは乾燥対策にも効果があるので乾燥が気になる季節はバックの中に入れておきたいアイテムの一つですね。見た目も機能も良いものを選びましょう。

ABOUT ME
Erika
Erika
MOTEHADAの編集長。自称「美容マニア」。数年前までは美容に興味なかったが体験でエステサロンにいくとドハマり!今ではエステなしでの人生はありえないまでに!みなさんにおすすめの脱毛サロンを紹介します。