光脱毛

IPL脱毛とは?効果や痛み、仕組みなど【メリット・デメリットを徹底解説!】

【監修】元エステティシャン 村上 沙紀さん のプロフィール

脱毛・痩身のエステティシャンとして4年ほど実務。

基礎知識はもちろん、脱毛を早く終わらせるなどもお客様にアドバイスしてきました。

  ・AEA日本エステティック業協会、上級認定エステティシャン
  ・日本エステティック協会、認定エステティシャン
  ・JNAジェルネイル技能検定初級
  ・JNAネイル技能検定3級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、アロマ検定1級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、環境カオリスタ、認定
  ・色彩検定協会、色彩コーディネーター2級

  icon-chevron-circle-right 日本エステティック業協会の詳細はこちら
icon-chevron-circle-right 日本エステティック協会の詳細はこちら

「ムダ毛の処理がめんどくさい」「自己処理じゃキレイに剃りきれない」という悩みを持ってはいませんか。
常にキレイな肌を保っていたいけど、毎日カミソリなどで自己処理するのは大変ですよね。

そんな中、最近では脱毛サロンが増えて通いやすくなりました。脱毛サロンの中でも取り扱っているサロンが多い脱毛方法がIPL脱毛です。
名前は聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。でもどういう仕組みの脱毛方法かわかりませんよね。

そこで、今回はIPL脱毛の効果やメリット、デメリットについて詳しく説明します。脱毛サロンへ通う方の参考になれば幸いです。

光脱毛の種類

主な光脱毛の方法は以下の4つです。光脱毛は単発式脱毛と蓄熱式脱毛に分けられます。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)
IPL脱毛(単発式脱毛)
SSC脱毛(単発式脱毛)
ハイパースキン脱毛(蓄熱式脱毛)

光脱毛とはフラッシュ脱毛とも呼ばれ、光を肌へ照射することによって毛根に刺激を与えて毛が生えてくるのを抑えます。

光脱毛は他の脱毛方法と比べると1回の効果は低いですが、しっかり脱毛サロンに通って施術の回数を重ねれば、ムダ毛の気にならない肌に変えることが可能です。

今回は、単発式脱毛のIPL脱毛について詳しく説明します。

IPL脱毛とは?

脱毛サロンに通おうと思って調べると、IPL脱毛という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。IPL脱毛は光脱毛の一種です。

中でもIPL脱毛は脱毛サロンでも取り扱っている店舗が最も多い、最近では一番主流の脱毛方法です。

IPL脱毛の特徴と仕組み

IPL脱毛は肌へ強い光をまんべんなく当てることで、ムダ毛を処理するのが特徴です。
照射した光は毛の黒い色に含まれる色素「メラニン」に反応します。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
肌表面に照射した光(熱)は、毛を伝って毛根までたどり着きます。
毛の根元にある、毛を生やす組織にダメージを与え、活動を止めてしまいます。
活動が止まった毛を生やす組織は、1週間~10日程で毛と一緒にするんと抜け落ちます。
体外に排出された分、毛を作る力が弱くなり、次から生えてくる毛は薄くなります。

光は、メラニンを含む毛の根元にダメージを与えることが可能です。
毛根は光で刺激を受けるため、施術から10日ほどで毛がするんと抜け落ちることが実感できます。
ダメージを受けた毛根は毛を生やす力が弱くなるため、ムダ毛が生えてきにくくなります。

IPL脱毛の仕組み

IPL脱毛の施術を受ける場合、毛周期というものが重要になります。毛周期とは毛の生えてくるサイクルのことです。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
毛が生えてくるサイクルには3つの過程があり、それぞれ次のような特徴があります。

・成長期

毛が毛根から栄養を受けて伸びる時期。このとき肌の表面に毛が見えるようになる。
毛と、毛を作る組織がしっかり引っ付いている時期です。

・退行期

肌の表面に見えていた毛が抜け落ちる時期。
毛と、毛を作る組織は分離します。

・休止期

毛を生やす活動を止める時期
次に生える毛の準備をしている。

IPL脱毛で効果が出るのは、毛周期の中の成長期の毛だけです。
肌の表面に出ている(消)毛は、全体の約20%です。

その中の、更に約10~20%の毛が成長期です。

そのため身体全ての毛にIPL脱毛の光を当てるには、最低でも5回は脱毛サロンでの施術が必要になります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
全ての毛を、成長期に合わせて光を照射するとなると、かなりの回数が必要になります。

IPL脱毛のメリット

IPL脱毛には4つのメリットがあります。

①痛みを感じにくい
②美肌効果がある
③脱毛効果が高い
④IPL脱毛は医療脱毛と比べて費用が安い

それぞれ詳しく説明しますね。

痛みを感じにくい

IPL脱毛は医療脱毛と比べて、痛みを感じにくいのが特徴です。

VIOラインやワキなど、毛が太くてしっかりしている部分は少し痛みを感じる場合もありますが、輪ゴムで弾かれたような一瞬の痛みなので、我慢できないほどではありません。

そのため医療脱毛などの施術では痛みに耐えられなかった人におすすめです。

痛みが少ないことがIPL脱毛のメリットだといえます。

美肌効果がある

IPL脱毛には肌をキレイにする効果もあります。IPL脱毛で使う脱毛用の光は、美容エステのフォトフェイシャルで使うものと同じ成分が入っています。

また、IPL脱毛の光はシミやシワに効果的で、肌自体がふっくらし、きめ細かいものになります。
そのため脱毛の処理を受けると同時に美肌効果も得ることが可能です。

脱毛効果が高い

IPL脱毛は脱毛効果の高い方法として知られています。

光脱毛にもさまざまな種類がありますが、照射する光の強さはIPL脱毛が一番です。その分毛根への作用も大きくなります。

毛の色素であるメラニンに光が反応するため、VIOラインやワキのような濃い毛の生えている部分には特に効果が見られやすいです。
他の光脱毛より脱毛効果が高いのがIPL脱毛の特徴になります。

IPL脱毛は医療脱毛と比べて費用が安い

IPL脱毛のメリットは何といっても費用が安いことです。
ニードル脱毛や医療脱毛は光脱毛よりも効果が高く、施術時間が長い為、かかる金額も高くなってしまいます。

自分が脱毛にお金をいくら掛けられるのか、どういう状態まで脱毛したいのかで選択が変わります。

脱毛方法を決めるときは効果と金額で吟味してください。
IPL脱毛は他の脱毛方法より低額で脱毛効果を得ることが可能です。

IPL脱毛のデメリット

IPL脱毛には4つのメリットがありますが、3つのデメリットも存在します。

①色素の薄い毛は効果を感じにくい
②地黒・日焼けの肌には施術ができない
③医療脱毛に比べ回数がかかる

という点です。

色素の薄い毛は効果を感じにくい

IPL脱毛のデメリットは、茶色い毛や金色の毛などには効果が見られにくい点です。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
白髪などの色素がない毛については、効果は全く出ません。

IPL脱毛では光がメラニンに反応して脱毛効果が得られます。
色素の薄い毛はメラニンが少ないため、他の毛と比べて光が反応しにくくなっています。

色素の薄い毛にも効果を求めるのであれば、15回以上は施術を受けることが必要になります。

色素の薄い毛や白髪も完全に脱毛したい人は違う脱毛方法を検討しましょう。

地黒・日焼けの肌には施術ができない

IPL脱毛では地黒や日焼けをしている人には施術できません。

脱毛用の光はメラニンに対して刺激を与えるので、地黒の人や日焼けをしている人に施術すると、肌全体がヤケドする原因になります。
同じようにホクロやシミにも光は反応しますが、施術を受けるときにサロン側で保護用のシールを貼ってくれるので、その点は安心してください。

地黒・日焼けをしている肌だとIPL脱毛の施術を脱毛サロンに断られることがあります。

医療脱毛に比べ回数がかかる

IPL脱毛は光脱毛の1種です。

よく比較をされるのが、クリニックで受けることができる医療脱毛です。
医療脱毛はレーザー脱毛を扱うのが主流で、光脱毛と比べ照射威力が強い機械を扱っています。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
威力が強い分、肌へのダメージは大きいですが、数回の施術で効果を実感できます。
IPL脱毛は、光脱毛の種類の中では威力は強いほうですが、医療脱毛と比較すると回数が多くかかってしまいます。

IPL脱毛は脱毛サロン初心者におすすめ!

IPL脱毛は一般的な脱毛サロンで一番よく利用されている脱毛方法です。

導入している脱毛サロンが多いので、全国どこでも通いやすいのが特徴です。

医療レーザー脱毛などと比べて肌に優しく、金額も安いことが特徴になります。
そのため、脱毛初心者には始めやすい脱毛方法だといえます。

夏に向けて脱毛を考えている人はぜひ、IPL脱毛で脱毛してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
Erika
Erika
MOTEHADAの編集長。自称「美容マニア」。数年前までは美容に興味なかったが体験でエステサロンにいくとドハマり!今ではエステなしでの人生はありえないまでに!みなさんにおすすめの脱毛サロンを紹介します。