光脱毛

ハイパースキン脱毛とは?仕組みや効果・費用など【メリット・デメリットを徹底解説】

【監修】元エステティシャン 村上 沙紀さん のプロフィール

脱毛・痩身のエステティシャンとして4年ほど実務。

基礎知識はもちろん、脱毛を早く終わらせるなどもお客様にアドバイスしてきました。

  ・AEA日本エステティック業協会、上級認定エステティシャン
  ・日本エステティック協会、認定エステティシャン
  ・JNAジェルネイル技能検定初級
  ・JNAネイル技能検定3級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、アロマ検定1級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、環境カオリスタ、認定
  ・色彩検定協会、色彩コーディネーター2級

  icon-chevron-circle-right 日本エステティック業協会の詳細はこちら
icon-chevron-circle-right 日本エステティック協会の詳細はこちら

みなさんは脱毛の処理はどのように行なっていますか。この季節になると徐々にムダ毛が気になって、脱毛サロンでキレイな肌になりたいという人も多いのではないでしょうか。

最近は脱毛サロンが増えて誰もが通いやすくなっていますよね。

そんな中で話題なのが「ハイパースキン脱毛」です。

光脱毛は聞いたことがあるけど、ハイパースキン脱毛は何が違うんだろう」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

今回は脱毛サロンに通うことを検討している人に向けて、ハイパースキン脱毛とは何か、その仕組み、メリット、デメリットを解説します。

ハイパースキン脱毛と光脱毛の違い

ハイパースキン脱毛と光脱毛を別物と思われるかもしれませんが、ハイパースキン脱毛も光脱毛に分類されるものです。

光脱毛の中には4種類の脱毛方法があります。

SHR脱毛(蓄熱式脱毛)
IPL脱毛(単発式脱毛)
SSC脱毛(単発式脱毛)
ハイパースキン脱毛(蓄熱式脱毛)

光脱毛とはフラッシュ脱毛とも呼ばれ、光を肌へ照射することによって毛根に刺激を与えて毛が生えてくるのを抑えます。

光脱毛の特徴や効果・仕組みなど【メリット・デメリットを徹底解説!】一般的にエステサロン・脱毛サロンで施術が受けられる「光脱毛(フラッシュ脱毛)」は、どんな脱毛かご存知ですか?光脱毛の種類や仕組み、メリットなどを解説します。これさえ知っておけば光脱毛でキレイ肌を目指せます!...

今回は、蓄熱式脱毛のハイパースキン脱毛について詳しく説明します。

ハイパースキン脱毛とは?

ハイパースキン脱毛は主にエステサロンで受けられる光脱毛の一種です。

毛根の手前にある「バルジ領域」と呼ばれる部分に光を肌に当てて、ダメージを与えて、毛を生えてこないようにします。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
IPL脱毛のように毛を作る組織の活動を止めるのではなく、「毛を生やせ!」と命令する部分(発毛因子)の活動を弱めます。

体感温度は38℃なので、熱さも痛みも感じません

ハイパースキン脱毛と毛周期

ハイパースキン脱毛では毛周期に注意しなければなりません

ハイパースキン脱毛では次に生える毛の準備をしている休止期の毛に光を反応させます。

脱毛の毛周期とは?施術間隔をあける適切な期間と仕組みについて一定の間隔を空けて脱毛に通う必要があるのはなぜ?毛の構造や成長を刺激するもの、体の部位によって異なる毛の成長スピードなど、毛が生える仕組みや毛周期を知ることでムダ毛を効率的に処理できるようになります!...

従来の光脱毛では2~3ヶ月に1回脱毛サロンへ通う必要がありましたが、ハイパースキン脱毛は1ヶ月に1回ほど通うことが可能です。

ハイパースキン脱毛のメリット

ハイパースキン脱毛には主に5つのメリットがあります。

ハイパースキン脱毛のメリット
  1. 日焼け・地黒の肌でも受けられる
  2. 肌に優しい
  3. 痛みが少ない
  4. 産毛にも効果がある
  5. ジェルが暖かい

ここではそれぞれ説明します。

①日焼け・地黒の肌でも受けられる

従来の光脱毛では、照射した光はメラニンという黒い色素に反応するため、日焼け・地黒の肌は施術できないといった問題がありました。

しかし、ハイパースキン脱毛は肌のメラニンは関係ないため、日焼け・地黒の肌でも受けられます。

②肌に優しい

ハイパースキン脱毛は他の脱毛方法と違い、肌の浅い部分にあるバルジ領域に光を伝えるため、弱い光でも十分効果がでます。

そのため、光による刺激が少なく、肌トラブルが起きる可能性が極端に低くなります。

また、照射する光には肌のコラーゲンを作るのを手助けしてくれる働きもあり、抑毛効果はもちろん、美肌効果も得られます。

③痛みが少ない

ハイパースキン脱毛は、光脱毛の中でも痛みを感じにくい方法です。

従来の光脱毛は強い光によって毛根まで直接ダメージを与えていましたが、光を当てるとバチっとした痛みを感じる人が多いという難点がありました。

しかし、ハイパースキン脱毛は肌の表皮に近いバルジ領域に作用するので刺激が弱くて済みます

脱毛の痛みが強いと脱毛サロンへ通い続けることが嫌になってしまう場合もあるため、痛みが少ないのはハイパースキン脱毛の嬉しいポイントです。

産毛にも効果がある

ハイパースキン脱毛は産毛や色素の薄い毛にも効果があります。

IPL脱毛などでは、メラニンの黒色に対して光が反応するため、産毛や白髪などには効果が出ないというデメリットがありました。

しかし、ハイパースキン脱毛の光は『これから生えてくる毛』に働きかけるので、生えてくる毛の種類に関係なく効果が出ます。

④ジェルが暖かい

ハイパースキン脱毛では光の照射の効率をよくするために、肌にジェルを塗ります。

他の光脱毛でも同じように施術部位へジェルを塗るのですが、これが冷たくて耐えられないという人も多いです。

ところがハイパースキン脱毛のジェルは人肌と同じくらいの温度の暖かいものになっており、冷たくて身体への負担が大きかった今までの光脱毛より処理を受けているときのストレスが減ります。

ハイパースキン脱毛のデメリット

ハイパースキン脱毛にはメリットばかりではなく、

ハイパースキン脱毛のデメリット
  1. 費用が高い
  2. 効果がわかりにくい
  3. 永久脱毛じゃない
  4. 導入している脱毛サロンが少ない

というデメリットも存在します。

①費用が高い

ハイパースキン脱毛は、他の光脱毛と比べて金額が高くなります。

これはハイパースキン脱毛自体がまだ新しい脱毛方法のため、導入している脱毛サロンが少なく、金額の競争が起こりにくくなっています。

しかし、ハイパースキン脱毛は金額は高いですが、肌への刺激は光脱毛の中で最も弱いです。肌のことを考えるなら多少高くても良いという人におすすめな脱毛方法になります。

②効果がわかりにくい

ハイパースキン脱毛は効果を実感するまでの期間が長いことが特徴です。

IPL脱毛などは、『今生えている毛』を脱毛するため、光を当ててから約1週間~10日程で効果の出た毛の抜け落ちを実感できます。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
ハイパースキン脱毛は『これから生えてくる毛』に働きかけるため、生えてくる予定だった2~3週間後になんとなく「毛があまり生えてこない・・・?」という形で効果が表れます。

③導入している脱毛サロンが少ない

ハイパースキン脱毛はまだ新しくできたばかりの脱毛方法のため、導入している脱毛サロンが少ないのが現実です。

そのためハイパースキン脱毛を受けたいと思っても、近くにサロンがなくて遠くまで通わないといけない場合も・・・。

身近なところに脱毛サロンがないと通い続けることが大変になりますので、まずは脱毛サロンの場所をしっかり確認をしてください。

ハイパースキン脱毛に向いている人・向いていない人

上記のメリット・デメリットを考えると、ハイパースキン脱毛には向いている人と向いていない人がいることがわかります。

以下にまとめましたので参考にしてみてください。

ハイパースキン脱毛に向いてる人 ・敏感肌の人
・他の脱毛方法で肌が荒れた経験のある人
・産毛まで脱毛効果を求める人
・美肌効果を得たい人
ハイパースキン脱毛に向いていない人 ・完全な無毛状態になりたい人
・早く効果を感じたい人
・脱毛費用は安く抑えたい人

脱毛に求めるものをよく考えて、自分に合う脱毛方法を選びましょう!

最近話題のハイパースキン脱毛でツルツルになろう今回はハイパースキン脱毛について解説しました。

ハイパースキン脱毛は光脱毛の中でも最も肌への刺激が少なくて、安全な脱毛方法です。

自己処理で受ける肌へのダメージは良くても、将来的に皮膚の黒ずみやキメのなさに繋がります。

少しでも自分の肌を考える人は、ぜひハイパースキン脱毛でツルツルな肌を目指してくださいね。

ABOUT ME
Erika
Erika
MOTEHADAの編集長。自称「美容マニア」。数年前までは美容に興味なかったが体験でエステサロンにいくとドハマり!今ではエステなしでの人生はありえないまでに!みなさんにおすすめの脱毛サロンを紹介します。