脱毛の基礎知識

脱毛サロンで6つのトラブル!?未然に防ぐ方法と対処法を知っておこう!

【監修】元エステティシャン 村上 沙紀さん のプロフィール

脱毛・痩身のエステティシャンとして4年ほど実務。

基礎知識はもちろん、脱毛を早く終わらせるなどもお客様にアドバイスしてきました。

  ・AEA日本エステティック業協会、上級認定エステティシャン
  ・日本エステティック協会、認定エステティシャン
  ・JNAジェルネイル技能検定初級
  ・JNAネイル技能検定3級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、アロマ検定1級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、環境カオリスタ、認定
  ・色彩検定協会、色彩コーディネーター2級

  icon-chevron-circle-right 日本エステティック業協会の詳細はこちら
icon-chevron-circle-right 日本エステティック協会の詳細はこちら

脱毛に通っているとトラブルに遭遇してしまう事も少なくありません。
契約前にどんなトラブルが起こりうるのか、またトラブルが起きてしまった時の正しい対処法などを事前に知っておくことはとても大切です。

実際に起こりやすいトラブルとは

脱毛では大きく分けて以下の6種類のトラブルがあります。

トラブルの種類がわかりましたね。それでは各種類のトラブルを未然に防ぐ方法、起きてしまった時の対処法をご紹介します。

トラブルを未然に防ぐ!

まずはトラブルを未然に防ぐ、つまりトラブルを起こさせない方法です。

トラブルが起こってからでは手遅れになってしまうこともあるので未然に防ぐということは重要になります。

悩んでいると危険!「勧誘トラブル」

脱毛を契約するには事前に無料カウンセリングを受ける必要があります。
カウンセリングの内容は、

・コースや料金形態の説明
・自分の希望を伝える

という事がメインです。自分の希望と合致したコースがあり、契約したいと思ったら契約するという流れになります。

しかし、必ずしも契約をしなければいけない訳ではありませんので、
「予算がオーバーしてしまう。」「サロンの雰囲気が合わない。」「ほかのサロンも見てみたい。」などと納得できない場合は契約をしなくても問題ありません。

その場合は「考えたいので持ち帰りたい」とスタッフに伝えましょう。

サロンによってはノルマが厳しく、本契約までしつこく勧誘される場合があります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
ただ、スタッフは「女性として絶対脱毛した方がいいよ・・・」とは面と向かって言えません。
なので、提案されたコースが『自分にとって必要かどうか』を良く考えて下さいね。

提案されたコースが本当に必要なのか考え、不要な時は、しっかりと断ることが大切です。

「勧誘トラブル」を未然に防ぐ方法

・カウンセリングが始まった時点で、お金を払ってくれる人に相談が必要なので持ち帰る予定だと先に伝える。
・疑問に感じたことは全て聞き、その上で「一度持ち帰る」と伝える
・断る理由は金額以外(お金を払うのは自分ではないので即決はできないと伝える)

そんなに高かった!?「料金トラブル」

料金トラブルでよくある事例は、

・広告に記載された料金と実際の料金が異なる
・解約金が高い(返金額が少ない)

などがよく挙げられます。

「月額」と広告に載っていたが、それは「ローン」で支払う場合の月支払い額だったということが良くあります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
「都度払い」と「月額」は別物ですので注意しましょう。

また、中途解約を希望し、返金額を算出してもらうと想像以上に少ないということもよくあります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
解約の際は『実際に支払った金額から、施術を受けた分と中途解約手数料を差し引いた金額が返金される』のが通常です。

しかしローンで支払っている場合などは、すでに支払った金額の方が少ない場合があるので、不足金を支払って解約をするということにもなりかねません。

サロン側は解約時の返金金額や内容を契約書に明確に記載しなくてはいけない法律がありますので事前に確認しましょう。

「料金トラブル」を未然に防ぐ方法

・コース料金や料金形態、有料回数が何回かを確認する
・契約前に返金対応・計算方法を確認しておく
・契約終了まで契約書を保管しておく

きちんと確認しよう!「予約トラブル」

サロンにより予約のキャンセル規定は異なりますが、何日前まで変更やキャンセルなのか確認しておかないと、ペナルティが発生して次回からの予約が取りにくくなってしまうということもあります。

更に予約当日にキャンセルをしてしまうと、施術1回分が無効になってしまうということもあります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
また、予約前日キャンセルも期限時間が設けられている場合もありますので、事前にサロンに確認しましょう。
「予約トラブル」を未然に防ぐ方法

・予約方法やキャンセル方法を確認しておく
・契約前に何日前までキャンセル・変更が可能か確認しておく
・当日キャンセルはペナルティが発生するか確認しておく

忘れてはいけない!「事前処理トラブル」

光脱毛は施術前に事前処理が必要になります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
毛の剃り残しが多いと、肌表面に出ている毛に光が多く反応してしまい、やけどを引き起こしてしまいます。

またムダ毛が多いことで光がムダ毛に邪魔され、毛根まで届かずに効果がなくなってしまう事もあります。

こういったトラブルを防ぐために施術の1~2日前までに自己処理をしておく必要があります。

「事前処理トラブル」の未然に防ぐ方法

・施術にシェービングが含まれているのか確認しておく
・事前処理を忘れた場合のサロン側の対応を確認しておく

思ってたのと違う!「効果トラブル」

効果トラブルには

・毛が抜けない
・まばらに抜ける

といったトラブルがあります。

原因としては施術者による光の当て漏れによることが多いです。
しかしそれだけではなく、

・ホルモン剤を服用していると毛が抜けにくい可能性がある
・光が届きづらいヒジやヒザなどは角質が厚い部位の効果が出ない
・埋もれ毛には効果がでない
・深剃りをしてしまっている部分には効果が出にくい

ということもあります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
見分け方としては、綺麗な一本線で抜けていなかったり、密集して一部分が抜けていない場合は施術者による光の当て漏れです。
まばらに抜けなかったり、抜けていない箇所の肌がザラザラしている場合は肌質やホルモンが原因です。
Vラインやワキなどの力を込めて剃りやすい部分は、深剃りが原因です。
当て漏れに気づいたら、どのような抜け落ち方をしているのか、しっかり観察してみて下さい。
「効果トラブル」を未然に防ぐ方法

・効果が表れなかった場合のサロン側の対応を確認しておく
・角質の厚い箇所は事前にスクラブで処理しておく
(脱毛2日前に全身をスクラブでケアし、脱毛前日に毛を処理するのがマストです)

状態がおかしい!「肌トラブル」

脱毛サロンでは光脱毛機器を取り扱っているのが一般的です。

使用されている機器は医療クリニックで使われているレーザー脱毛に比べて出力が小さく、安全性は高いです。

光脱毛は敏感な肌でも脱毛ができるほど肌に優しいです。とはいえ、高熱の光を皮膚に当てるので、肌の状態や体調不良時またはスタッフの技術不足などにより、まれにやけどなどの肌トラブルを起こしてしまう事があります。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
生理中や体の免疫が落ちている時に光脱毛を行うと、皮膚への負担が大きくなり肌トラブルの原因となります。そのため、生理中や体調が悪い時の脱毛は避けましょう。

また、極端な日焼けや施術箇所にタトゥーが入っている場合は、施術時の光がその部分に強く反応してしまうので、やけどを引き起こしやすいです。

「肌トラブル」を未然に防ぐ方法

・生理中や体調不良時の脱毛は避ける
・施術前の極端な日焼けは控える
・肌の保湿をしっかりする

トラブルを未然に防ぐ!まとめ

まとめると、上記でご紹介したトラブルを未然に防ぐためには、無料カウンセリング時に以下の事を担当者に確認・伝えることが大事ということです。

契約するかはまだわからない(話を聞きたい)
・希望コースの料金、解約時の返金計算方法
・予約に関するキャンセル規定
・自己処理を忘れた時のサロン側の対応
・効果が見られなかった時のサロン側の対応
・やけどなどの肌トラブルが起こった時のサロン側の対応

上記の内容を契約前に確認してトラブルを回避しましょう。

トラブルが起きてしまってからの対処法

トラブルが起きてしまった時の対処法をそれぞれまとめましたので見ていきましょう。

種類 対処法
勧誘 ・契約8日以内であればクーリングオフを利用する
料金 ・トラブルが起きてからの対処は難しいので、未然に防ぐ方法を必ず行う
予約 ・トラブル後の対処法はサロンにより異なる
事前処理 ・施術担当者に確認し、有料でシェービング可能であれば対応してもらう
効果 ・事情を伝えて、再度施術をお願いする
・光が届きにくい箇所はスクラブで角質を取っておく
・違和感がある場合はすぐにサロンに連絡をする

サロン・クリニックによって対処法が異なることが多いため、事前に万が一のことを考えて

・念入りに脱毛をするお店のことを知っておくこと
・カウンセリングを十分にすること

上記2点をおすすめします。

まとめ

脱毛の6つのトラブルと対策をご紹介してきましたので、最後におさらいです。

『勧誘トラブル』『料金トラブル』『予約トラブル』『事前処理トラブル』『効果トラブル』『肌トラブル』これらのトラブルは全て未然に防ぐことができます。

その為には、無料カウンセリングに行く前にサロンやクリニックの詳細を調べ、聞きたいことをまとめてからカウンセリングの予約をすることをおすすめします。

また、トラブルが実際に起きてしまった場合はクーリングオフ制度を使用したり、サロン・クリニックに問い合わせをしてみてください。

一番は未然に防ぐことです!トラブルを起こさないように一人一人が注意して脱毛をしましょう!

ABOUT ME
Erika
Erika
MOTEHADAの編集長。自称「美容マニア」。数年前までは美容に興味なかったが体験でエステサロンにいくとドハマり!今ではエステなしでの人生はありえないまでに!みなさんにおすすめの脱毛サロンを紹介します。
関連記事