セルフ脱毛

自宅で脱毛をする方法と特徴は?家庭内で脱毛する【メリット・デメリットを徹底解説!】

【監修】元エステティシャン 村上 沙紀さん のプロフィール

脱毛・痩身のエステティシャンとして4年ほど実務。

基礎知識はもちろん、脱毛を早く終わらせるなどもお客様にアドバイスしてきました。

  ・AEA日本エステティック業協会、上級認定エステティシャン
  ・日本エステティック協会、認定エステティシャン
  ・JNAジェルネイル技能検定初級
  ・JNAネイル技能検定3級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、アロマ検定1級
  ・AEAJ日本アロマ環境協会、環境カオリスタ、認定
  ・色彩検定協会、色彩コーディネーター2級

  icon-chevron-circle-right 日本エステティック業協会の詳細はこちら
icon-chevron-circle-right 日本エステティック協会の詳細はこちら

家で手軽に脱毛したい!
サロン・クリニックには通える気がしない・・・

このように考えている方は多いと思います。

家での脱毛は、自由にできるので選ぶ方も多いです!!
しかし、手軽ゆえに落とし穴も・・・!?

この記事では、家庭で手軽に脱毛をする方法と、そのメリットとデメリットをお伝えします。

家庭での脱毛を考えている方は、参考になれば幸いです。

脱毛は施設で行う?家庭で行う?

まず初めに、脱毛を行う場所として、大きく分けて「施設で行う脱毛」と「家庭で行う脱毛」の2種類があります。

1.施設で行う脱毛
2.家庭で行う脱毛

施設で行う脱毛

施設で行う脱毛は医療脱毛を扱うクリニック(病院)やサロン(脱毛サロン・エステサロン)でできます。

医療脱毛の料金・回数・期間を紹介!機器の種類別の痛みや施術できる部位も紹介!医療脱毛とエステ脱毛の違いは?料金はどちらが高いのか?使われている機器はどんな種類があって可能な施術部位はどこなのか。施術前にメリットやデメリット、回数や期間などを知っておこう!...
エステ脱毛の種類・施術部位と範囲は?【メリット・デメリットを徹底解説!】エステ脱毛は何種類でどんなものがあるのか、自分にはどれが合うのかを施術の前に知っておきたいですよね。光脱毛、ワックス脱毛、シェービングとそれぞれの料金やメリット・デメリットについてまとめてみました...

家庭で行う脱毛

一方、家でできる脱毛には主に5つの種類があります。

具体的な方法と効果はあとから詳しくお伝えしますが、施設での脱毛よりも安くすることができます。

家庭で脱毛を行う3つの方法と効果

それでは、家庭で脱毛を行うの方法とその効果をお伝えします。

カミソリ

正確には「除毛」なので、一時的な効果しかありませんが、家でムダ毛処理をする際に最もメジャーな方法ですね。

皮膚を傷つけないためにクリームを塗り、カミソリで毛を剃ります。カミソリは1本数十円~数百円ですぐにムダ毛を処理できるのでお手頃です。

カミソリの主な特徴

  1. 毛が薄い女性は、カミソリで毛を剃っても剃り口が目立ちにくい
  2. 次に生えてくる毛が太くなりやすい
  3. 皮膚を傷める可能性あり
  4. 狭い範囲で脱毛が可能(1か所を重点的に脱毛できる)
  5. カミソリ1個の低価格で脱毛ができる
元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
よく誤解されがちですが、シェービングとカミソリでの脱毛は別物です。 シェービングは、エステなどのお店に行き、プロの方に顔の毛を「剃ってもらう」ことを指します。
カミソリでのムダ毛処理・除毛するときの注意点!わかりやすく徹底解説! ムダ毛処理の方法として、カミソリを使った自己処理をする人が1番多いのではないでしょうか。 脱毛サロンなどは費用が高いので、カミ...

家庭用脱毛器

家庭で手軽に脱毛できる方法として人気が高いのが「家庭用脱毛器」!

自分のペースでゆっくりと脱毛ができるため、忙しい方にもオススメの脱毛方法です。日常の中でいつでも利用可能です。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
光の威力が弱いとはいえ、生えてくる毛を薄くする等の効果は十分に期待できます。

価格は安いものだと7,000円台。高いものは50,000円以上するものもあります。

家庭用脱毛器の主な特徴

  1. エステ並みの効果が望める
  2. 「毛を薄くしたい」「余分な毛を減らしたい」という悩みは解決できる
  3. 弱い光を照射するため肌へのダメージが少ない
  4. 自分のタイミングで脱毛可能
  5. 値段はやや高いが、確実に効果を出したいなら10,000円以上がオススメ
家庭用脱毛器の種類・選び方は?【メリット・デメリットを徹底解説!】今や自宅での脱毛には欠かせないアイテムの家庭用脱毛器!しかし選び方もわからず見た目だけで購入して失敗するケースも少なくありません。この記事では家庭用脱毛器の種類や選び方など徹底解説!ぜひ参考にしてください。...

除毛クリーム

クリームを脱毛したい箇所に塗り、一定時間置いてから、クリームごと毛を拭き取る方法。

クリームで毛を溶かすことで脱毛が可能です。

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
比較的安く購入することができ、安く脱毛ができます。
除毛クリームの主な特徴

  1. 毛を溶かすため、抜いたあとはチクチクしない
  2. 怪我のリスクがない
  3. 低価格で脱毛可能
  4. 顔には使用できないので注意
除毛クリームで毛が抜ける仕組みとは?本当に効果はあるの?みなさんは「除毛クリーム」って使ったことありますか? 「ちゃんと除毛できるかわからないし…」「肌に合うか心配…」と中々挑戦できてい...

脱毛ワックス

ブラジリアンワックス脱毛とはワックス剤を温めて脱毛したい部分に塗り、適度に冷えたところでそのワックス剤を剥がして脱毛するというものです。

ワックスを塗った範囲を一回で引き抜くことができるので、短時間で大量の毛を脱毛することができます。

脱毛ワックスの主な特徴

  1. 肌が弱くても受けられる
  2. 低価格で脱毛可能
  3. 顔には使用できないので注意
  4. 行った後の肌触りが良い

https://motehada.co.jp/wax-datsumo/

自宅(家庭内)で脱毛するメリット

メリットは4つ存在します。

安く脱毛が可能

クリニックで脱毛を行う場合、箇所にもよりますが、1回の脱毛で10,000円程かかります。

1回で効果は出ないので、最低5回通うとすると50,000円以上払わなくてはいけません。

家庭での脱毛の場合、家庭用脱毛器を購入するだけで脱毛が可能!価格は高くても数万円ですので、圧倒的に低価格で脱毛を行なえます。

周囲の目を気にしなくて良い

女性の方は特に多い傾向がありますが、同じく通っている方の目やスタッフさんにどう思われているか気にしますよね。

家庭用脱毛器は自室内で気軽に使用できるので、誰にも知られずに脱毛ができるので安心です。

自分のペースで自由に脱毛ができる

施設での脱毛は最低でも5回は行わないと効果が出始めないため、空いた時間に何度も足を運ばなくてはいけません。

しかし、家庭用脱毛器やクリームでの脱毛は、家で好きな時に好きなだけ行うことが可能ですので忙しい方も気軽に始められます。

自宅(家庭内)で脱毛するデメリット

デメリットは4つ存在します。

綺麗に脱毛ができない

自分で脱毛をするのは手軽でいい反面、全身となると、どうしても当て漏れが出来てしまいます。

脱毛は綺麗な仕上がりを望まれている方が多いと思います。

確実にきれいに脱毛を実現したい方は、施設での脱毛に足を運ばれることをオススメします。

手の届く範囲しか脱毛ができない

家庭用脱毛器では、太ももの裏や背中など、どうしても手の届かない場所や見えない場所は綺麗に脱毛することができません。

それがストレスになる人も多いため、家族の手を借りるのが良いかもしれません。

効果が出るまでに時間がかかる

クリニックでのレーザー脱毛は、5回ほど受ければ効果をかなり実感できます。ですが、家での脱毛は何度やっても効果を実感出来ないかもしれません。

特にカミソリの場合は、何度剃ってもまたより太くなって生えてきます。

プロのアドバイスが受けられない

クリニックでは、脱毛によるトラブル(肌荒れなど)の専門家に相談できますが、家庭では全部自分で行うので、肌状況やケアの方法を知ることができません

元エステティシャン 村上
元エステティシャン 村上
アフターケアをしっかりしたい方は、施設での脱毛がオススメです。

人によって脱毛方法は変えるべき

家庭での脱毛方法を中心にお伝えしてきましたが、それぞれの良い点と悪い点があります。

以下のグラフでまとめます。

価格 肌トラブル 特徴
カミソリ × 剃り口が目立ちにくい
家庭用脱毛器 エステ並みの効果が望める
除毛クリーム チクチクしない
脱毛ワックス 肌が弱くても受けられる

優先するものによって、どれを選択するのが正しいかは変わってきます。

まずは自分に適した脱毛方法を知って、それから実践してみることがオススメです。

ABOUT ME
Erika
Erika
MOTEHADAの編集長。自称「美容マニア」。数年前までは美容に興味なかったが体験でエステサロンにいくとドハマり!今ではエステなしでの人生はありえないまでに!みなさんにおすすめの脱毛サロンを紹介します。