洗顔・クレンジング

朝の洗顔はしない方がいいの?朝洗顔の正しいやり方は水だけ?

「朝はしっかり洗顔料を使って顔を洗う」
「朝はふき取りシートだけで済ませてる」

と朝の洗顔については「する派」と「しない派」で分かれますよね。実際に記事を書いている私は洗顔をしません。ふき取り用のシートで軽く顔を拭いてからメイクを始めてしまいます。では実際のところ朝の洗顔は「する」のと「しない」のどちらがお肌には良いのでしょうか?今回は朝の洗顔について調べてみましたのでよかったら参考にしてください。

朝の洗顔と夜の洗顔それぞれの違いや目的

朝の洗顔をする理由とは?

まず朝の洗顔と夜の洗顔の目的の違いについてなのですが朝の洗顔の目的とは夜の間に付着したお肌の汚れを落とすことですよね。(目を覚ますためという方も居ますね!)

夜は外に出ていないし、顔に汚れなんてついていないように思われますが私たちは寝ている間にも汗や皮脂、新陳代謝によって剥がれた不要な角質、夜に塗ったスキンケアの残った油分などでお肌は汚れています。

また空気中のホコリや布団のダニなどの汚れも顔にはしっかりついているんです。

結果的にこの汚れを放っておくと肌トラブルにつながるとも言われています。なので朝、顔を清潔にすることは大切だと言われています。

夜に洗顔をする理由とは?

夜の洗顔は1日生活をしてついた汗やホコリ、朝のスキンケアで使ったクリームや化粧品などの汚れを落とすために行います。夜、メイクを落とさずに寝てしまうと雑巾をかぶって寝ているのと一緒という例えを美容本で読んだことがありますがメイクは時間が経つと酸化し、皮脂と混ざり合って肌トラブルを起こす原因となります。

なので夜は日中ついた汚れやメイクをしっかり毛穴の奥から取って清潔な状態にしてあげる事がとても大切です。

朝の洗顔は水だけ?洗顔料を使う?正しいのは?

実際にSNSなどで情報収集をしてみると朝も洗顔料を使ってしっかり洗う人と朝はぬるま湯でサッと流す人、冷水で洗う人などなど様々でした。朝の洗顔は絶対にこうするという決まりはなく「お肌のコンディションに合わせる」というのが正解ですね。

例えば乾燥による肌荒れがひどいときには朝は水だけでサッと洗ったり、皮脂が気になる人は洗顔料を使ったりと、朝の自分のお肌の状態に合わせて決めるのが一番ベストなようです。

実際に今まではしっかり洗顔料を使って朝顔を洗っていたけどぬるま湯だけに変えたらお肌の調子が良くなった!という方もいるので自分のお肌に合わせて色々試してみるのが良いですね。

朝洗顔をしないメリット・デメリットとは?

朝洗顔をしないメリット

洗顔料や石鹸を使わずにぬるま湯や水だけで洗顔をすることで、皮脂の取り過ぎを予防できるので乾燥肌の改善につながります。また摩擦を防ぐことによって、刺激から肌を守れるので、しっとりと潤ったお肌の維持ができるのです。お肌の乾燥や肌荒れはシワ、シミ、たるみなど肌の老化につながるトラブルです。ぬるま湯や水だけで最低限の洗顔をすることが、このような肌トラブルを防いで、お肌のストレス軽減にもつながるのです!朝洗顔をしないメリットとはお肌にストレスを与えない分、お肌を若々しく美しく保てることなんですね♡

朝洗顔をしないデメリット

朝洗顔をしないことは、お肌への負担を軽減できるメリットがある反面、肌質によってはデメリットも存在します。皮脂量の多い脂性肌の人は洗顔料や石鹸をつかわないと、お肌のべたつきが残り皮脂が落としきれずに、毛穴の詰まりになってしまいます!きちんと夜の洗顔をしていれば朝の洗顔は、汚れが少ないからしなくても大丈夫と思い込みがちですが、朝のお肌には夜につけたクリームや美容液の油分が残っていたり、眠っているときにかいた汗による毛穴の汚れがあるので、皮脂量の多い脂性肌の人が朝洗顔をしないと汚れが充分に落とせず、デメリットになってしまう可能性があるのです!

朝の洗顔の正しいやり方・肌タイプ別にご紹介!

では肌タイプ別の洗顔方法についてご紹介します。

乾燥肌の洗顔方法

乾燥肌の人にとって皮脂と汗が混ざった「皮脂膜」は、潤いをキープするための武器なので、取り過ぎを予防しなくてはいけません。ですので乾燥肌の人には、朝の洗顔は水だけが向いています。もしくは、34度から38度くらいのぬるま湯がいいでしょう。お湯の温度があまり熱すぎると、必要な皮脂を奪ってしまうので要注意!ぬるま湯だけでも、余分な角質などの汚れをしっかりと落とすことができますので、乾燥やバリア機能の低下を防ぐためにも、乾燥肌の人は水かぬるま湯での洗顔が合っていると言えるでしょう。

脂性肌の洗顔方法

脂性肌の人は、眠っている間につくられた皮脂膜を流して、過剰な皮脂を抑える必要があります。この場合、ぬるま湯だけの洗顔ではしっかりと汚れを落とすことができず、そのままお化粧をすると肌トラブルの元になってしまいます!ですので脂性肌の人は、朝の洗顔も石鹸や洗顔料をしっかりと泡だてて、皮脂の気になるところから順番に優しく洗うのがいいでしょう。この時、ぬるま湯の方がきめ細かい泡を作りやすく、洗浄力も強いのでぬるま湯を使うことをおすすめします。またニキビなどの炎症のある人は、専用の洗顔料を使うのもいいでしょう。この時、洗顔料のすすぎ残しに注意!肌トラブルの原因となるので、忙しい朝でも丁寧にすすいでくださいね。

混合肌の洗顔方法

頬や口の周りは乾燥するのに、Tゾーンや小鼻周りはテカってしまう!そんな混合肌の方は、朝は石鹸や洗顔料を使うべきか迷ってしまいますよね?そんな混合肌の人におすすめしたいのが、部分的に石鹸や洗顔料を使う方法です。Tゾーンと小鼻周り、顎などのテカる部分には、良く泡立てた洗顔料をのせて優しくクルクルと洗顔!残りのパーツは、ぬるま湯か水だけでOKです!乾燥しやすい部分の洗顔は軽く、もしくはあまり触れないようにしましょう。このように混合肌の人の場合、パーツごとに違う洗顔方法をしてあげるのがおすすめです。

敏感肌の洗顔方法

肌が刺激に弱い敏感肌の人は、お肌の乾燥が起きやすいので乾燥肌の人と同じく、朝はぬるま湯か水だけの洗顔方法が合っています。バリア機能である皮脂膜を過剰に落とさないことがポイントです!そして洗顔後のスキンケアで、しっかりと保湿してあげましょう。乾燥肌や敏感肌の人のお肌を守るには、刺激や摩擦を減らすことが重要になるので、皮脂をある程度は残すことも大切なんです。

朝洗顔で大切なこととは?

1日過ごした夜よりも、眠って起きただけの朝の方がお肌の汚れは少ないものです。なので洗顔料をつかう場合は、なるべくお肌に負担をかけないよう低刺激の物を選んで、しっかりと泡立てることを忘れないでください。また朝は何かとバタバタしがちですが、すすぎはしっかりと丁寧に!さらに洗顔後のお肌は乾燥しやすい半面、水分が吸収されやすい状態でもあるので、できる限り素早く保湿を行うことも心掛けてくださいね。

朝の洗顔についてまとめ

今回は朝の洗顔方法についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗顔方法に決まりはなく、その人の肌質やお肌の状態に合わせて行う事がとても大切です。また年齢や体質の変化にも気を付けながら洗顔から美肌へと導きましょう。